病院で巻いてもらってもコレだもの…
013
包帯(青色)締め付け過ぎによって先がパンパンなってます。
毛があるのでわかりにくいですが…。


 毎回、色んな先生に処置してもらってたクロちゃん、
「今回さぁ…包帯の巻き方がさ… なんかさぁ…」て、
これもTさんとの間で流行った話題w

クロちゃんは歩き方というか動き方がかなり独特です。
それが、癖づいてしまってるものなのか、包帯のせいなのか…。

というわけで、たまたま不妊手術後のタイミングで、
包帯の巻き方を少し変えてもらった。

基本は、ずれない、取れないように、
患部から1関節(2関節やったっけ?(;´Д`))までぐるぐる巻く、らしい。
てのを、指が曲がるように、太ももが乗っからないように、
少し包帯の範囲を狭く、というか… で、してもらって、
言われた通り、帰宅して、すぐ、スポって抜けてしまった(  ̄_ ̄)

取り急ぎ、足の負担が無いような床面環境でしのいで、
翌日巻きなおし通院、きつかったら明日には腫れてくるかも…と、
言われた通り、腫れてきたのが1番最初の画像。

また、通院(  ̄_ ̄)  そしてまた違う先生の担当で…
さすがに、戻りが悪く、今日の巻き直しはできませんと言われ帰宅。
014

015

その夜、
016
…これって普通のウサギの足より、なんか、大きくない?
腫れてるん?足まるごと腫れてるん?! と、色々心配もあり、
「まだ戻ってない」と言われたら、出直しになるが、まあいい、陽ぃ明けて通院。

クロちゃんの足、特にかかとの部分は重症化したソアホックのせいで、
もとから、こないにごつく大きかったらしい。
腫れてるわけではないと。そして、戻ってきてるので巻き直しも可。

さすがにね、「得意な人いないんですかねぇ?(^-^;)」て聞いたわ。

ほな、「います。(・-・*) 」て、 Σ(`д´*ノ)ノ   それ先言うてよぉ~(;´Д`)

毎日おうちのウサギさんでされてる看護師さんがおりました。 

おうちウサギさんの画像を見せてもらい、お話を聞かせてもらい、
今後、同じ方式で保護包帯の処置をしていくことに。

獣医師指名、でなく、看護師指名!?

一応、誰でも同じようにできるように、画像もたくさん撮って
カルテを作成して下さいました。

こんな感じ。
017
((((((((( ̄∀ ̄;

大丈夫ですよ、この姿勢になる手前はコレ
018
こうして、毛づくろい何ぞしてました。ほらっ♪


いつも病院で、「じゃ、次は(いつ頃来院)…」て話をするのですが、
言うて、毎日翌日に来るはめになってたので、
さすがに今回は、「もう、また明日来ますて言うときますわぁ(^-^;)」て、
言うて、持ったのは1日だけでした(  ̄_ ̄)

この画像、ええなぁ(´ー`*)
019
あ、奥のスプレー跡は気にしないで下さい、
間違ってもクロちゃんのじゃありません(^-^;)