うさぎのきた道

~保護うさぎたちのホントのおうち探し~ 保護されたうさぎの里親募集をしています。

保護うさぎたちの個性や特徴、日々の暮らしぶりを紹介しています。
現在、里親募集中の保護されたうさぎたち一覧は★コチラ★です
ご希望される方は、カテゴリ「譲渡に関して」にて詳細のご確認をお願いします。
また、保護うさぎへのご支援ご協力もお願いしております。詳細は★こちら★

タグ:結石

人の場合も結石は非常に再発率の高い病気と言われています。
食生活に気を配っていても再発してしまう、と、
「もぉそうゆう体質なんじゃなぁ~い」て…

この“体質”て、めちゃくちゃ腹立たへん?私だけ?

結石の場合、最終外科処置(手術)に及びます。
再々手術なんて受けたくないやん。
でも、「体質やから…」て、 体質てぇぇぇ、何やねんソレっ
て、すごく悔しさ満開ならへん? 私だけ???


さて本題(^-^;)
kagu0809
8月25日、かぐらちゃんの病院。

「先生、いよいよです…。」
神妙な面持ちでご挨拶する世話人…。

1cm弱の膀胱結石が自然排泄できたのが6月23日、2か月経過しているので、
今まで通り再発していればある程度の大きさと予測されます。

歯ほか諸々お願いし、とりあえず先に結果出しちゃいますね(^-^;)
kagu0812
 無いんちゃう?」
kagu0813
「な 先生、無いやんね無いやんね

というか、かぐらさんお腹周りが大きいなと思ってたら
脂肪も多いです…(。--)ノ (上下外側の色の薄い部分…)

ただ、強いてこじつけレベルで指摘するとしたら…こうゆう白い塊ね。
kagu0811
これは左右対象にあるから恐らく乳頭と思われる… それと、
kagu0810
…印付けに自信がないですが、薄いおはじきのような白色は写ってます。
上にいくと消化器官ですが、丸くなる手前かも、とかとか…

…ちょっとモヤっと感は残るんですが、
「喜んでも良いと思います」て言うてたから、喜んでいいんやと思います(^-^;)

ちなみに、さすがにね、こうゆう実績があると?
結石で治療してる他のウサギさんにも
ウラジロガシ茶、試していってるみたいです
みんなうまく行くといいなぁ(´ー`*)。・:*:・ポワァァン


とりあえず、現在、煮出したウラジロガシ茶(人用市販品)を
1日6cc(朝3cc夜3cc)とペレットに染み込ませて与えています。
(カキドオシの細切れも一つまみまぶしてますが
 口に入る量がわずかなため効果のほどはわかりません。)
これを5ccに減らすか、も少し待とうか、検討中です。
また、2か月後くらいにレントゲンで再発の確認予定です。


ウラジロガシ茶は流石茶という名称もあり、
実際、石を排泄できたのかもしれませんが、
密かに、「体質改善に繋がるかも…」と考えています。
死ぬまで飲み続けなアカン、ではなく、
ゆくゆくは、摂取しなくても再発しない体を目指して。
かなり長期的な取り組みになると思いますので、
かぐらちゃんのホントの飼い主様には、引き続きでお願いできれば…。
先の再発を完全に無くせるかどうかはわかりませんが、
手術に及ばなければいいな、と。

手術となると、うさぎ本人もですが、
飼い主様においても心配であり心労ですからね
(情報はかぐらちゃんの詳細ページにリンク等ございます。コチラ
※ちなみに、このウラジロガシ茶、錠剤サプリメントも市販であります。
 お世話になってる猫ボラさんちの猫ちゃんがお試し中です(^ノェ^)コッソリ)

    

そして切歯は3週間あきました。
kagu0814
まずまずの伸びです。
kagu0815
かぐらちゃんの場合、まったくズレてしまってるパタンではありません。

うまくいきそうで、いかなさそうで…という現状です。
切歯に関しては、約3週間スパンでカットの処置を続けていく予定です。

処置後
kagu0816
歯の裏の歯茎は歯に接着してるわけではないので
そこを除けて傷つけないようカットしてもらいます。
合言葉は「ピヨっ」 (。 ^ 。)コケっ!

…上の切歯内側は無いことはない感じな話しかしてないので、
次回、も少し詳しく聞いてきます(。--)ノ …伸びてきてないような…


前回、様子を見た左側臼歯(奥歯)は、伸びて口内を傷つけてるわけでもなく、
今回も様子見です。まだぐらつき等ありませんが、左側は全体的に色も悪く
いずれ、抜けていくんではないか、との予想です。

色んなことされ過ぎて若干「おこ」なかぐらちゃん???
kagu0817
色んなことはひとまとめで、と、爪切りもついでにお願いする予定が、
やっぱり結石確認にかなり気を取られて忘れてしもた…。
ま、引きずるタイプでは無いようなので近々慣行、大丈夫かな( ̄∀ ̄;)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

※こちらでホントのおうち探しをしている保護ウサギさん一覧はコチラ

…たくさんの保護ウサギさんたちがご縁待ってます
保護うさ情報はコチラでチェック (o ̄∇ ̄)σ【ウサ達レスキュー】

多くの方に知ってもらうため、保護ウサたちへのチャンスが広がるよう…
ranbana51usaburo1  banner_03

Facebookページではブログの更新情報プラスαを発信しています

1cm弱の石を自力排泄してから約1週間?
例えば7月2日の自宅尿検査
kagu0701
潜血反応なし、セーフです。
kagu0702
見せたらへんっ
kagu0703
((((((((( ̄∀ ̄;
kagu0704

そして7月7日切歯のカットに病院へ
kagu0705
かぐらちゃん、移動も病院も普通に苦手です。
道中と到着しばらくは、ものすんごい震え方してます(ノ_-。)


ま、元祖ウサギです。

カット前
kagu0706
けっこう伸びてる…と、思ってやや早めに来たつもりでしたが…
kagu0708
カット後

歯の裏に見えてる歯茎?(指差してくれてます)の加減で
あまり短くカットできない…ような説明がありました。
kagu0707
で、で、で、最初から気にしてた私はすかさず気づいた上の歯!

上の歯が両方そろってきてる!!!
かぐらちゃんの不正咬合は上下が押し合うような格好でした。
上の歯は下の歯に押されて押されてして、ほとんど無いような状態でした。
不正咬合、必ずしもズレて口から歯がはみ出てくるパタンじゃないんだなと、
初めて知ったのでよく覚えてます。
(毎回画像は撮ってないのですが、見比べるとその変化は一目瞭然です
 最初 「かぐらちゃんの初診」 次の画像は「不正咬合の通院」

…もしかすると、治るかもしれない説浮上…

今後、上の歯が伸びてくるのを待ちながら、下の歯は少しずつカットし、
上下のバランスを見ていくことに。…うまい具合に伸びてくれるといいなぁ~


ちなみに検査に出していた結石の結果も出てたので…
kagu0709
( ̄∀ ̄;)
kagu0710
「炭酸カルシウム」一般的なウサギの結石です。

こちらは来月中頃かな、再発の有無確認兼ねて再診(レントゲン)予定です。
※現時点でウラジロガシはペレット染み込ませの1日6cc投与です※

kagu0711
すべてが良き方へ向かうといいねっ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

※こちらでホントのおうち探しをしている保護ウサギさん一覧はコチラ

…たくさんの保護ウサギさんたちがご縁待ってます
保護うさ情報はコチラでチェック (o ̄∇ ̄)σ【ウサ達レスキュー】

多くの方に知ってもらうため、保護ウサたちへのチャンスが広がるよう…
ranbana51usaburo1  banner_03

Facebookページではブログの更新情報プラスαを発信しています

メディマルさんが出されてる泌尿器系の健康補助食品ナーシングハーブ
ウラジロガシを知ったのは、おそらくその商品から。
カキドオシ(連銭草、金銭草)も、その時に知ったと思われる…。

最初に購入したのは、むちゃくちゃ昔( ̄∀ ̄;)
何で買ったのかは忘れましたが、
胸水が発覚し呼吸困難で入院したありすに与えたら
食べてくれた、て記憶が鮮明にある。(約10年前か…)
以降、スクービーの排尿障害の時は、…食べてくれなかった…。

そして、本格的に効果云々と口にし出したのは、
もっかい貼っておきます→「チョビの結石予防」
当時焦ったレントゲン画像が載ってる記事→「寝たきり初のレントゲン」
レントゲンは撮るたび真っ白だったと記憶しとります。
けっこう割高なのでと、人間用健康茶で通販し出したのがこの頃からかな。

※結石と対峙することになった流れは一つ前の記事で「厄介な膀胱結石」

今回、そのままで食べてくれる様子がなかったので、お茶にしやすい
ティーバッグタイプのものを用いました。(向かって右)
kagu0619
これ、摂取した人たちの評価がものすんごく良く、
いやがおうにも期待してしまう…。

どちらももちろんウラジロガシ100%です。
そのまま食べてくれるならコチラ、お茶にするならティーバッグの方が楽かと。
kagu0620
これをそのまま食べてくれたら予防法としては一番楽だと思います。

そして今回
kagu0621
商品の説明書き通りにウラジロガシ茶を煮出します。
kagu0608
湯呑に移しラップして冷蔵庫で保管、3日~4日ぐらいしたら、
何となく、残ってるのを自分が飲んで、新たに煮出してます。
(人の口には激苦なのでお湯で薄めて飲みます。あ、癖なく飲みやすいです。)
用意したペレットにシリンジで染み込ませる(約3cc)※直接飲ませるを嫌がるため※
(あまりふやけると食べないのでペレット18gに対しマックス3ccだった)
カキドオシは何故か細々なので大きく一つまみを湿らせたペレットにまぶす。
…大半落ちてるんでいかほど口に入ってるかは不明。

本当は、パックに双方入れて煮出せばいいのだが、…面倒臭い;^^)ノォィォィ
何せ、大事なのは継続なので、続けれるところから始める、で、いいかなと。

これを朝と晩に与えます。

あと、部屋んぽ後から翌日朝まで排尿が無いことから、
就寝前に1ccシリンジで直接与えてます。(これは強制なので排石後は休止)

合計1日で約7ccのウラジロガシ茶を投与して、1週間弱、1cm弱の石を排泄。
(膀胱結石の記事はコチラ

コレを開始する前から、薄いであろうお茶や、サプリメントの投与はあり、
基本、カルシウム成分の少ないペレットを与えてます。これ前提です。
他特に何って特異的なことは行ってない、はず…。

もともと水分摂取量が少ないかぐらちゃん、この間、増えたかというと、
意外にさほど感じなかった。これは利尿剤を試した時も同じ。
それでも出たのだから、結果オーライなのだが…。

6月15日の病院にて
kagu0624

kagu0625

与えるに辺り、一番気になるのが投与量だと思います。

…実は、ダイちゃんペレットにも密かに利用してて…
彼の口には約10cc入ってます(;^□^)
人間の方でですが、多量摂取による問題や、長期摂取の副作用等、
…見つけれてません(^-^;)  追々、調べないとなぁ~って思ってますが。

6月23日の病院にて
kagu0626

kagu0627
手術を免れたこと、理解できてればさぞかし喜んだとこだろうに…

そして、最後になりますが、
今回、特に投与の量に関して非常に参考になった
“実例”のメールを頂いてたのでご紹介させて下さい。
ご本人の承諾を得て編集および掲載しています。
(通院されていた病院のブログではレントゲン画像が見れます。コチラ

*****ここから*****

先日のかぐらちゃんの記事にありましたウラジロガシについて、
私もそのウラジロガシの有用性の高さを実感した者として、
少しでも役に立てたならと思い、ご連絡差し上げた次第です。
その病状日誌をご報告させてください。

以前、ある(飼われていたウサギさんのお名前です)は『膀胱結石』を患いました。
その際に手術なしで、ウラジロガシ&カキドオシを食べさせ、飲ませ続けて約1ヶ月で、
膀胱内の結石、なんと20個すべてが自然排出されました!

9才半の時、斜頸・眼振を発症し受診、
ついで1ヶ月後に血尿の症状が出て再度受診しました。
レントゲン検査の結果、『膀胱結石』の診断で
2、5~6、0㎜大の結石がなんと20個も!膀胱内にありました。
先生からは、「原因はこれまでの食べ物・飲み物だろう。
高齢なので手術で取り出すのは難しい。石はずっと持ったまま、
食事療法と対症療法(抗生剤)で過ごしていくしかない。

結石20個とは!血尿が出るまでにも、どんなに痛くつらかったでしょうか。
最近おしっこがちょぼちょぼになってきたな、年をとったからかな、
元気に走り回ってるんだけどな…などと悠長に構えていた自分を悔みました。
今も、出てきたたくさんの硬くてゴツゴツした石を見るたびに、
がんばっておしっこする姿が痛々しかったあるを思い、
申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

処方された抗生剤は膀胱炎に対しての適応であって
結石そのものがなくなるわけでなく、痛みが減るわけでもありません。
少しでも石による痛みや、おしっこのしにくさを軽減できないものか…と
探してたどりついたのが、ウラジロガシとカキドオシの自然療法でした。
私は自分でも試してみないと!との思いから、一応ヒト用のお茶を買ってみました。

・朝と晩の計2回、ウカ葉ひとつまみずつを食べさせる
・朝と晩の計2回、煎じたウカ茶を2、5mlずつ飲ませる
(※ウカ茶…ウラジロガシ2g+カキドオシ2gを
 500mlの水で沸騰させた後、弱火で10分煮出したもの)

幸いあるは好みの味のようで、ウカ葉をよく食べてくれ、
ウカ茶もシリンジでよく飲んでくれました。
上記2項目を毎日続けていましたが、おしっこは変わらずちょぼちょぼ少量で、
さらに頻回(10~20回/day)に、砂状・泥状のものや、血尿と思われるものもありました。
時にはおしりを高く上げて、ひねりだすように排尿する様子も見られました。

そして、ウカ葉&ウカ茶をとり入れて2週間目の朝に
3、0㎜の石がおしっこと共にコロンと出てきました!
ゴツゴツとした灰色の硬い丸形のものでした。
(のちに分析結果で98%↑炭酸Ca結石と判明しました)
その日1日で2、5~4、0㎜の計4個の石が出ました。
次の日にはさらに9個、次の日も次の日も…
途中レントゲン検査して4、5㎜~6、0㎜の大きめの石のみが4個残っていましたが、
これも最終的には1ヶ月目ですべて、おしっこと共に排出されました。
徐々におしっこの勢いも良くなり、1回量もジョーッ!と多くなりました。
ウカ葉&ウカ茶をとり入れてからも、食事や水もよく食べよく飲み、
排尿時以外は、普段通りに元気に走り回っていました。
このようなことから結石排出において、
もちろんある個体の体質や生活環境、食事内容も影響したかとは思いますが、
やはりなんといってもウラジロガシとカキドオシの効果こそが、
最も大きかったのではないかと考えています。

ちなみに食事内容ですが、結石を患う前までは、1日2回の
<牧草・生野菜・生ハーブ・生果物・乾燥野菜・乾燥ハーブ・乾燥果物・ペレット>
牧草大好きいつでも食べ放題で、生野菜大好き多め、ハーブ・果物も大好き少しずつ、
ペレット/イースターベッツセレクションエイジングケア は
ティースプーン1杯を朝晩2回。といったメニューでしたが、
先生は、「Ca摂取量が多いと結石をつくりだしてしまううさぎさんに
ペレットはよくない」との見解をお持ちでした。
このことについても私には納得できるお話でしたので、
ペレットを完全にやめて、野菜とハーブ中心の食事に切り替えました。
元々あるは野菜・ハーブ大好きで、お水もよく飲んでいましたので、
食に関しての切り替えはすんなりとしたものでした。

先生からは、再発予防のためにぜひともウカ葉&ウカ茶の継続を、
ウカ葉を食べさせるだけでもつづけてみてほしい、
とのことでしたので、それ以後もずっと、あるの食事メニューに加えていました。
最後の日までの1年間、おしっこの勢い・量・様子
すべて、とてもよかったと感じています。

*****ここまで*****

実は、ウラジロガシとカキドオシをウサギに試すきっかけとなったのが、
ブログ「イマドキのうさうさライフ」だったとのこと。
この手の記事はどうしても長文になりますが、
いつも「いつかどこか誰かの役に立てば…」との思いで書いています。
その思いが報われた、というか、実ったのかな、と、嬉しいご報告でもありました。
そして、それが「情けは人のためならず」 「情け」では無いのですが、
巡り巡って自分の元に戻ってくる…ホントだな、と、感激いたしました。

ちなみに、あるくんがダイちゃんと似てることから、
このブログを読んでくださってたようで、
同じ筆者(管理人)というのは、後から気づいたそうなw
知った時は非常に興奮&感激されたことも書かれてました( ̄∇ ̄*)ゞ

あるくん
DCF00373
“ご縁”ですね

保護うさ達にも、きっと、素敵な“ご縁”やって来るね

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

※こちらでホントのおうち探しをしている保護ウサギさん一覧はコチラ

…たくさんの保護ウサギさんたちがご縁待ってます
【だるまうさぎレスキュー・別館】も覗いてみて下さいね

多くの方に知ってもらうため、保護ウサたちへのチャンスが広がるよう…
ranbana51usaburo1  banner_03

Facebookページではブログの更新情報プラスαを発信しています

…先生の言ったことは正しかった(  ̄_ ̄)

5月21日朝、かぐらちゃんに急変(胃腸系)が見られたので病院行く準備。
してる間に、山越えた?みたいな…ぽつぽつ食べ出したのだが、
出勤するもどうせ遅刻な時間だったので念のためで病院へ。

触診の時点で少し痛いの仕草が見られたので念のためレントゲン…で、

ガ━━(゚Д゚;)━━ン!
kagu0501
説明頂くまでもなく、下腹部に光る白い丸…凹

結石が早くも再発していました。
kagu0502
4月に外科処置にて摘出した結石(向かって右)との大きさ比較

胃腸のお薬(プリンペラン・プロナミド)と、
結石対処のお薬(利尿剤と「ウロアクト」という犬猫用結石サプリ)を頂き、
点滴、ついで的に前歯のカット。

まだ潜血反応が出るレベルではない。
kagu0503
すぐ手にナデコを求めに来るかぐらちゃん
kagu0504

…手術で摘出した石、
おそらく、始まりはこんな感じで月日を経て、あれだけデカくなったのだろう…。
1度も処置や対策はされてないと思われ、あの大きさがMAXで滞在してたのだろう…。


胃腸の方は早々の改善が見られたが、
膀胱の方、利尿剤の効果がゆうほど…で、
1週間後(5月26日)、利尿剤の量を半分に減らした処方に変更し、
また1週間(6月2日)、利尿剤はゼロ、ウロアクトのみのお薬を頂く。

現状、おそらく血尿は出ていない、そして、石も出ていない。

さすがにね、ウラジロガシを強制的に投与することに踏み切ろう、と
手間最小限コースから、ティーバッグを通販した。

かぐらちゃん、最初に比べるとずいぶんお薬飲ませやすくなりましたが、
今でもやや仰向け抑制状態での投与です。
ストレス軽減のため、朝ウロアクトをペレット染ませ、
晩ウラジロガシ茶抑制投与でしばらく様子を見ます。
kagu0514
石、出ますように…。

…ちょっとネタ。
最近頂く飲み薬にはすべて「要冷蔵」「よく振って」みたいなシールが貼られてて
階下移動が面倒な私はクーラーついてるし、まだ大丈夫やろうと、うさぎ部屋に保管、
してたら、利尿剤の方がシャンパンと化してね、
ポンっ シュワシュワシュワァ~ みたいな(゚口゚;)
kagu0505
フタの閉まりが悪かったので、それが原因だろうと
次の回も同じようにずぼら保管、すると…
だいたい開け閉めを数日繰り返した頃にそれはやってくる?
はい。同じ末路を辿りました。(。--)ノ

今回は利尿剤なしウロアクトのみなのですが…
振った時点で多めに泡立つのが気になる…
kagu0506
あえて多めにもらって、ボトルが変わってしまったが、
「冷蔵保存でも同じように破裂したら教えて下さい」と逆に言われた。
ウロアクトの成分であるとしたら「酵母菌」かな… かなぁ、らしい。

万全に冷蔵庫に入れてるが、フタ開ける時いちいちドキドキするわぁ(;´Д`)

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

※こちらでホントのおうち探しをしている保護ウサギさん一覧はコチラ

…たくさんの保護ウサギさんたちがご縁待ってます
【だるまうさぎレスキュー・別館】も覗いてみて下さいね

多くの方に知ってもらうため、保護ウサたちへのチャンスが広がるよう…
ranbana51usaburo1  banner_03

Facebookページではブログの更新情報プラスαを発信しています

(情報更新2019.1)
仮名:かぐらちゃん

kagu0316

生まれ変わった日:2018年3月
推定年齢:4歳~5歳
健康状態:
・体重 約1.65kg
・メス ・不妊手術済
・その他
 ○ 切歯不正咬合(定期的な通院が必要です)
 ○ 臼歯(左側では咀嚼できません)
  ※2018年12月抜歯(抜歯手術の記事は作成中です)
 ○ 左目の涙(歯に起因するものと思われます)
 ○ 膀胱結石(摘出手術を受けました:下記参照)
  (保護時初診の様子はコチラ

特徴:怖がりさんでブブブっとよくしゃべります。
   ご飯やおやつを投入する際、勢い余って手と口が出ることがあります。
   ガウっとなってしまうだけで、噛みつくわけではありません。
   ナデナデが大好きで、すぐ寄って来ます。とても懐っこく甘えたさんです。
   抱っこ等好きではありませんが比較的扱い易いウサギさんです。

   ペレットほか生野菜、おやつなど何でも食べます。食べるの大好きです。
   右側でしか咀嚼できないので食べきるのに少し時間がかかります。
   牧草はやや短めにカットして与える方が食べやすいようです。
   ケージ内でのトイレ使用率(尿)は、本人のする場所に設置でほぼ完璧です。
   部屋んぽでは牧草カゴで排尿することが多いです。糞は共に自然排便。
   給水は器式メインです。(切歯が伸びるとボトルで飲み辛くなるため)


   ※2018年4月 膀胱結石の外科手術を受けました。(記事はコチラ
   ※2018年5月末 膀胱結石の再発が確認され、6月末自力排泄できました。
    以降、その際、与えていた民間療法であるウラジロガシ茶を
    日々ペレットに染み込ませて与えおり、再発には至っておりません。
    (結石は非常に再発しやすい病気です。(老齢性除く?)
     できやすい体質だとして改善を目指すべくウラジロガシ茶の投与は
     引き続きお願いいたします。関連記事はコチラ
   
   不正咬合に関して:
    切歯は定期的(3週間)に処置(通院)が必要です。
    臼歯(奥歯)に関して、左側は全体的に色が悪いので、
    通院時に合わせて診察して頂いてます。※2018年12月抜歯済
    ※初診時、左側臼歯にグラつきがあったことから抜歯を想定し、
    CT検査を行いました。(関連記事「かぐらちゃんの歯の状態。」

※歯や健康面含む最新の情報はカテゴリ・かぐらちゃんにてご確認下さい※


経緯:所有者の他界および高齢者の施設入所による飼育困難にて。(自治会依頼)


かぐらちゃんの暮らしぶりはブログ記事にて更新しています。
かぐらちゃんの動画集はコチラ「うさぎのきた道」(YouTube)でご覧いただけます。
kagu0826
人間大好きっ懐っこいかぐらちゃんに良きご縁が訪れますように
※お問い合わせはコチラから※

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

※こちらでホントのおうち探しをしている保護ウサギさん一覧はコチラ

…たくさんの保護ウサギさんたちがご縁待ってます
【だるまうさぎレスキュー・別館】も覗いてみて下さいね

Facebookページではブログの更新情報プラスαを発信しています

このページのトップヘ