うさぎのきた道

~保護うさぎたちのホントのおうち探し~ 保護されたうさぎの里親募集をしています。

保護うさぎたちの個性や特徴、日々の暮らしぶりを紹介しています。
現在、里親募集中の保護されたうさぎたち一覧は★コチラ★です
ご希望される方は、カテゴリ「譲渡に関して」にて詳細のご確認をお願いします。
また、保護うさぎへのご支援ご協力もお願いしております。詳細は★こちら★

タグ:保護

先日の捨てウサギ捕獲(保護)なる出来事や、
その辺で見つけられるウサギがあまりに多いことを受け、
ウサギがその辺にいることは“おかしい”という認識を
 すべての人に持って欲しい」と思い書きました。

捕獲・保護の様子は
現場で頑張って下さった【うっとこのこ】さんのブログにてupされてます。
※記事はコチラ→「緊急保護、放浪していたうさぎさん達」


野良ウサギは存在しません

公園や河原などでウサギを見かけた場合、100%保護でお願いします。
適応していたとしても絶対に見過ごさないで下さい。
捕獲(保護)の目的もなく、餌だけ与える事も絶対に止めて下さい。
新たに捨てられます、絶対に増えます、
増えてくると必ず「殺す」という選択肢が浮上します。
殺したくないなら増えないよう100%保護でお願いします。

IMG_1815

そして絶対に捨てるな2匹捨てたら100匹捨てたと同罪
殺されるのに、死ぬのに、産まれる、産ませるようなことをするな

“捨てる” “餌だけ与える”
そうした無責任な人間の行いが発端となり、現在の外猫問題に繋がっているのです。
野良ウサギを認めるという事は、
その殺処分数にウサギも並ぶ日が来るということです。

IMG_1817

適応してても、順応してても、楽しそうでも、平気に見えても、
普通に過ごしていたとしても、絶対に100%保護でお願いします
野良ウサギは存在しません。この先もずっと存在しません。
((自身ツイートより転載編集))

本来、犬も猫もウサギもフェレットもインコも文鳥も、
その辺で普通に生きている、その辺におる生き物ではありません。
元をたどれば必ず関わっていたであろう“人間”の存在があります。
ヒトリダチしている動物をその辺で見た時、必ず思い出して下さい。


※画像は先日保護されたウサギさんたちです。
 了承を得て使用させて頂いております。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

※こちらでホントのおうち探しをしている保護ウサギさん一覧はコチラ

…たくさんの保護ウサギさんたちがご縁待ってます
【だるまうさぎレスキュー・別館】も覗いてみて下さいね

多くの方に知ってもらうため、保護ウサたちへのチャンスが広がるよう…

usaburo1  banner_03   rankbana44

Facebookページではブログの更新情報プラスαを発信しています

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

よく勘違いされることです。

ええ人に拾われて良かったねぇ~、
ええ人に保護されて、
ええ人に世話してもろて、
「このこらは、ここで幸せやねぇ~」 と。

いいえ、このこたちの幸せはまだです。
ここではなく、まだ、この先にあるのです。

きつく、言葉悪くいえば、
保護されるということは、「死なずに済んで良かった」に過ぎません。

私には、自分とこの子さえ良ければそれでいい、という考えはありません。
まずは、目の前にある命、手の届いた命から、ですが、
見えてるのに気づいてもらえない、"死んでいないだけ"な生き方を強いられてる、
そうして尊厳なく消されていく命があることを、忘れたことはありません。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

※こちらでホントのおうち探しをしている保護ウサギさん一覧はコチラ

…たくさんの保護ウサギさんたちがご縁待ってます
【だるまうさぎレスキュー・別館】も覗いてみて下さいね

多くの方に知ってもらうため… ランキングに参加しています
保護ウサたちへのチャンスが広がるよう、応援クリックお願いしますm(_ _)m

usaburo1  banner_03

Facebookページではブログの更新情報プラスαを発信しています

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

保護犬、保護猫、保護なんたらが流行ってるとか?
でも、里親になるにも、譲渡条件が厳しい、手続きが面倒とかとか?

…で、考えてみた。


まず、お金と命、どちらの方が大事だと思いますか?


例えば、昨日、今日、知り合った人に
「お金(お札)を貸して欲しい」と言われたらどうしますか?

今、手持ちがないだけです、必ず返します、
私は今まで一度も嘘をついたことありません。絶対に返します。
と、相手は自分の誠意を伝えてきます。

わかりました。はいどうぞ、で貸しますか?


どうしても貸さなければいけないとしたら、あなたはどうしますか?
一か八かに賭けますか? 諦めてくれてやりますか?
私なら…万が一に備え、
相手の身分証や領収書や、借用書、署名?何なら人質変わりに免許証預かる?
とかとか…これきりにならないよう、
なっても対処できるようできる限りの情報を得ようとするかなぁ…


知り合って間なしの人に
お金を貸さなくてはならなくなった時に、講じる手段、用意、
それが、置き換えれば譲渡条件だったり、手続きだったりするんではないでしょうか?

そう考えれば、
それらは、なくてはならないお約束だし、
あまりにもあって当たり前のものではないでしょうか?


逆の立場でも考えてみます。

不意に、その辺の人に「お金(お札)貸して下さい」と言ってみる。
はいどうぞ、とすんなり手渡してくれた。そのお金、普通に使えますか? 
私なら、ちょっと薄気味悪く感じて、やっぱりいいです、ってその場で返すかも。


お金のやりとりが慎重に行われるのであれば、
命のやりとりは、それ以上に慎重に行われるべきではないでしょうか?


あまりに、あんまりにも、
安易にやりとりされるようになってしまった“ペット”たち、
長年続くそんな風景に慣れてしまって、気づいてない、気づけてないだけじゃない?


もう一度聞きます。

あなたは、昨日、今日知り合った人に、お金を貸して欲しいといわれて、
はい、どうぞ、と簡単に貸すことができますか?

あなたは、お金と命、どちらが大事だと思いますか?

…あなたの言う“命”に、“ペットの命”は含まれませんか?


*********************************************

多くの方に知ってもらうため、保護ウサたちへのチャンスが広がるよう…
usaburo1  banner_03   rankbana44


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ