うさぎのきた道

~保護ウサギたちのホントのおうち探し~

保護ウサギたちの個性や特徴、日々の暮らしぶりを紹介しています。
★現在、おうち探し中のウサギさんはコチラでご覧いただけます★
ご希望される方は、カテゴリ「譲渡に関して」にて詳細のご確認をお願いします。

タグ:ダイちゃんとの暮らし方

【ダイちゃんとの暮らし方】(タグ)として、
とりあえず、直近の健康課題、腸閉塞心配シーズンを乗り切るために…
研究の成果です。@大袈裟ぁ~

書き出してみると、けっこう、普通の対処やん(  ̄_ ̄) て…バレた!?
ちょっと私の経験不足から右往左往してしまったことは否定しません(。--)ノ


私的には、
ケージの出入りが自由で、運動したい時にしたいだけできる環境の提供。
そこが一番大きく感じるので、
ホントのおうちに行ったら、案外心配少なに過ごせるんじゃないか、と思っています。


ただ、どれだけ予防に徹していても、詰まってしまう時は残念ながらあります。
牧草を食べてる食べない関わらずです。
もう、それは、仕方がないとしか言いようがない事例なんだと思います。



ハンデがある子だって、同等に幸せになるチャンスはあるはずです。
そして、飼い主様を幸せにする力だっていっぱい持ってます!
そのウサギさんの抱える問題とどう付き合っていくか、どうかわしていくか…
ホントの飼い主様との平和な暮らしの参考になれば、と…。
少しは受け入れてもらいやすくなったかなぁ???

ダイちゃんに足りないのは、時間と場所と愛情です。 全部か!?(;´Д`)


さて、ダイちゃん可愛いなぁ、気になるなぁって方々のジャッジはいかに!?


てなわけで、
※ホントのおうち探し中ダイダイくんの詳細記事はコチラ(2017.6情報更新)※

当人は、まあ相変わらず…
dai0620

dai0621

dai0622
満々さんで待ってますぅ~((((((((( ̄∀ ̄;

出しそびれ。
dai0599
給水ボトル2個設置してます( ̄∀ ̄;)
あんまりお水飲まない子って、飲めないことに諦める傾向にある、ような気が…
口元のボトルが固まってること多いです(  ̄_ ̄)
ちゃんと飲む子は、ボトルを掘り掘りとかして訴えるのに…。
あ、高さがなんか、なんかあるっぽい、ので、段違いに2個設置してます。
器水には見向きもしなかったので設置やめましたが、
ホントのおうちはもっと広いだろうから♪ 試してみてもいいと思います。

んで、あんまり気の進まない本題( ̄∀ ̄;)

色々わかってきたんちゃう?な、ダイちゃん対応ですが…
ちょっと番外編扱いで…


続きを読む

ウサギは草食動物なので、胃腸に長らく休憩されると、
ガスが発生したり問題が起きる可能性が高くなります。

ダイちゃんはダラダラ食べてもらえるに最適な牧草を食べれません。
水の飲む量もかなり少ないので、糞はかんなり硬いです。

てなわけで、胃腸に動いてもらうすべは“運動”しかないんか、と…。


これは全然ですよ。たまたまの動画です( ̄∀ ̄;)
猫用品その2、あまりに狭いので今は別部屋に設置しています。

ダイちゃんに望ましい環境は…続きを読む

これは、違う意味で語りすぎやろ…
dai0611
この小粒な糞に出くわした時て、ものすんごいオロロン顔になるわぁ…


タグ「ダイちゃんとの暮らし方」シリーズ3章目です。


どうも腸のスッキリ感がなく、かつ、毛束の糞もバンバン出ない。
…で、ふと、通常糞に手が伸びる…
続きを読む

自分自身でもサプリメントとか興味なくて服用もしてない。
が、ココはやっぱり頼りたいやろう、ってことで、愛用してるのがこれ、
mikata00
出番が少ないので一緒に撮影されただけのシロちゃん(^-^;)
BlogPaint
や、時々食べさせてますよぉ~。

…ホンマに本気でイイと思ってるので、実は教えたくない…ぐらい信者です(;^□^)
いやね、売り切れとかなったら困るから、ってな理由だけです(。--)ノ
(心配せんでもそんなアクセス数ないからっ(≧∀≦))

ラビットファンクラブのパパイヤボールEX ダイちゃんの必需品になります。
まずまずなお値段ですが常備必須になるかと…。
幸いにも好んで食べてくれます。それだけでも心配半減!


で、前回(3月)も食べさせてはいたのですが、体重に対する量で、かつ、
「効果が期待できる」ということは、薬同様「副作用の懸念」もあるわけで、
(ウサギの場合、胃腸を荒らす可能性が高い…と、過去の経験から感じる。)
1日1粒 とかだったんですね。

が、今回、体重は増えたし、「毛詰まり時期は2~3粒」て書いてあるので…
とりあえず、朝晩1粒ずつ与えてました。

…だから出たんじゃないか、て、まんまと思えてならない世話人。(※注)
dai0609
6月8日朝発見分

これは…と、翌日からやったか上記説明の3粒にトライして、すぐ、
dai0610
6月10日朝発見分

ん~、やっぱり! と、思う束の間、このあと、通常糞が出なくなりました(;´Д`)
出るもの出るもの、ドロリな糞(盲腸糞か?)ばかり。

この状態で病院へ行っても… と、とりあえず様子を見て、
夕方回って晩になってから、やっとこさ普通の糞が出だしました。

…おそらくサプリメントの仕業かと…

もちろん、1日2粒に戻し、このような事態は以降訪れてません。

…やっぱりサプリメントの仕業かと…( ̄∀ ̄;)

腸閉塞、恐怖ですよね、でも、サプリメントの与え方には注意、や、躊躇が必要!?


※注:このサプリメントは酵素の力でタンパク質を分解し
   毛球予防の効果を期待するものであって
   毛の束を出す効果があるわけではありません。(2017.7.8追記)

(情報更新2017.11)
仮名:ダイダイくん(ダイちゃん)

ダイちゃん1

生まれ変わった日:2017年1月
推定年齢:当時で2~5歳(あくまで推定です)
健康状態
・体重 約2.0kg
・オス ・去勢手術済
・健康診断 前歯の欠損、右目の涙(歯が原因と思われます)
・レントゲン 特に問題ありません。 ※腸閉塞時に撮影(3月) 
・CT検査 初診の際、病院でひどく暴れてしまったことから
      奥歯の診察を安全に行うため。
     (前歯の状態から奥歯も要診察との判断です。)
      
特徴
 非常に愛嬌があり懐っこいウサギさんです。
 病院や移動は苦手で診察が困難な場合がありますが、怖がりさんなだけです。
 奥歯歯根の状態から、牧草は食べることができないようです。
 ペレットもよく噛まずに飲み込み、腸閉塞を起こす恐れがあるため、
 適度に湿らせて与えています。牧草を食べないので少し多めの量になります。
 (関連記事「ダイちゃんのご飯」
 生モノは食べません。おやつ類、ペレット等、かなり偏食傾向にありますが、
 奥歯のことを考え多種多様を与える必要はないかと思います。
 水分の摂取量は少なめです。トイレはほぼ完璧です。
 お目目はブルーアイでチョコカラーです。ストレスに弱い傾向にあります。


 ※2017年1月CT検査、臼歯1か所と切歯の処置。経過観察。
  同年4月、CT検査、前回同等の処置。
  (上記2点関連記事「ダイちゃんの“歯”その3(CT検査)」
  同年9月、再診、前歯カットのみ。奥歯に関しては様子見。
  (関連記事「歯の再診」

 CT検査に関して:
  肉眼での診察が難しかったのでCT検査になりましたが、
  可能であれば、CTの必要はありません。
  ただ、歯根膿瘍を発症した場合は、
  より正確な検査ができることから一般的にも推奨されています。

 ※2017年3月中頃に腸閉塞 内科処置にて改善したため手術には至ってません。
 ※2017年4月中頃発症した眼振の影響で、若干右に傾いてるようですが、
  仕草に見える程度です。(関連記事「ダイちゃんの病歴、その2」
  (飼養に関して適確に対応できてなかったストレスが原因だと思われます。)


 歯根膿瘍に関して:
  ウサギは高齢になると、どんな子でも歯根膿瘍になる確率は上がってきます。
  今まで歯に何のトラブルもなく、牧草もしっかり食べていた、
  それでも、発症するケースは珍しくありません。(実例及び獣医師に確認済)
  日々のストレスを軽減し、免疫力を下げ過ぎないことが予防に繋がります。
  

◆特に、消化器系の病気予防に努めた飼養、環境を心がけて下さい。
 ・運動したい時にしたいだけできる安全なスペース等の提供。
  (広めのケージやケージの出入りが自由な時間を多めにとるなど。)
 ・自身の通常糞(硬糞)をできるだけ食べさせないようケージなどは、
  網床、スノコなど、糞が落ちるものを使用して下さい。
 ・当面、毛球症サプリメントは商品を指定をさせて頂くかもしれません。
  (ラビットファンクラブのパパイヤボール等)
 ・ブラッシングは必須です。
 ・1匹飼いが望ましいと思われます。(先住さんへのストレスも含む)


経緯:大阪北摂地方の公園にて段ボール箱ごと遺棄されていました。(警察届出済)


ダイちゃんの暮らしぶりはブログ記事にて更新しています。
ダイちゃんの動画集はコチラ「うさぎのきた道」(YouTube)でご覧いただけます。
dai0628

保護当初は適切なダイちゃん対応がわからず色々患わせてしまいましたが、
その頃から比べると、ずいぶん安定した日々を過ごせるようになりました。
相違点はありますが、他のウサギさんと同じスタンスでお迎え頂けるよう、
情報をまとめたものをご用意し、引き継がせて頂きますのでご安心下さい。

自由奔放!?ダイちゃんに良きご縁が訪れますように
※お問い合わせはコチラから※

このページのトップヘ