うさぎのきた道

~保護うさぎたちのホントのおうち探し~ 保護されたうさぎの里親募集をしています。

保護うさぎたちの個性や特徴、日々の暮らしぶりを紹介しています。
現在、里親募集中の保護されたうさぎたち一覧は★コチラ★です
ご希望される方は、カテゴリ「譲渡に関して」にて詳細のご確認をお願いします。
また、保護うさぎへのご支援ご協力もお願いしております。詳細は★こちら★

タグ:うさぎの骨折

なんやかんやで1ヶ月近く空いて、
5月19日クロちゃんの再診に行ってきました。

この日は、発進早々キャリー内で方向転換してしまい…
戻すに戻せず慌てました
kuro0501
ちょうど盲腸糞が出だす時間帯も重なって…
到着してから、ペットシーツやティッシュら散らかしもって修正。
kuro0502
病院とかお出かけとか苦手やもんね
kuro0503

例の「短くなってる」件に関して、骨の変形(丸く)なってきてるのではないかと。
お年寄りの腰の曲がりが年々ひどくなっていく、そんな感じなのかもしれません。
骨が曲がってきても中の神経まで影響することはないだろう、と。

そして背骨の骨折、神経の損傷を経て、
その後、半年越えて生きていた子の情報が先生側にはほとんどないらしく、
「この先の変化は未知です」 とな。

クロちゃんの場合、そこまで高齢ではなかった(予測)こと、
長年患っていたであろうソアホックの影響で、
上半身の体力(?)が一般のウサギさんより桁外れに強硬なこと、
動けないことに対するストレスが少ないこと、などなどから
言い方はおかしいですが“頑張れてる”んじゃないかな、と。

背骨自体が左右に歪んでる様子も見られず、
皮膚の状態も、見た目にキレイとはいきませんが、問題ないとのこと。

お尻周りのケアと耳の掃除、
少し食に陰りを感じていたので、念のための点滴をしてもらいました。
元々病院後は、やや食欲減退するタイプです。
kuro0504
が、その後から、ちょっと焦るくらい食欲が落ちてしまいまして…
給水ボトルを内側へ設置し変えたり、両脇のタオルの大きさを変えたり、
ちょっとした変更を加えて、持ち直してくれました。ε~( ̄、 ̄;)ゞフー

kuro0506
お薬も唯一弱抵抗で飲んでくれます

ペットシーツの取り替えで移動させる際に糞がまとめて出たり、
オシッコが出たり…少し出にくくなってきてるのかな?とか、
ほんの少しですけどね、気になる点はあるものの、
よく食べよく飲み、おかげさまで元気に暮らせてます


上半身は並以上なクロちゃんです@5月

kuro0601
何故か数少ないクロちゃん画像@6月 ( ̄∀ ̄;)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

※こちらでホントのおうち探しをしている保護ウサギさん一覧はコチラ

…たくさんの保護ウサギさんたちがご縁待ってます
保護うさ情報はコチラでチェック (o ̄∇ ̄)σ【ウサ達レスキュー】

多くの方に知ってもらうため、保護ウサたちへのチャンスが広がるよう…
ranbana51usaburo1  banner_03

Facebookページではブログの更新情報プラスαを発信しています

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

クロちゃんの骨折経過を確認するため再度CT検査を受けました。
(参照:12月12日深夜:記事「1、発端」

お昼前に病院in 診察を経てお預け。
012800
おりこうさんしててね

夕方にお迎え、おりこうさんできたらしい@先生談
012801

検査結果、前回確認された3か所の骨折箇所はすべてくっついてました。
と、いっても、外科処置(手術)やギブスで固定をしていたわけではないので
離れてた骨が元通りにくっついたのではなく、
骨組織が増殖(?)して、骨と骨の間を埋めた、…みたいな…。

なので、本来の動きはできず、歪んだ(?)状態でくっついた、です。
外科処置を選択しなかった時点で想定内の結果です。

(比較参照:前回のCT検査:記事「病院(CT検査)」

まず背骨、
赤(矢印)が一番お尻の背骨、黄(矢印)がその1つ手前の骨
IMG_1470
衝撃によって赤が黄を押して黄が割れた状態になってましたが、
割れた箇所は埋まっていました。

埋まったということで、面積が左右対称ではありません、の図。
赤丸の中、黄色の線は病院でマーカー。
IMG_1472
左側
IMG_1473
割れていた右側、左側より少し長いです。

赤が黄の骨に割りこんだ状態で固まっていることから、
その箇所の遊びがなく、腰、というかお尻は丸まった状態。
また、神経ですが、空間部分が滑らかではありません。
IMG_0030
コキって角度の骨が神経を圧迫している。

この日までの診察中もけっこう動きまくりだったクロちゃん、
先生いわく、それでこれ、なので骨自体は十分固まってるだろうと。
神経損傷の拡散の心配はだいぶ減りましたが、
本来の動きはできないので、少しの無理で再度の骨折=神経損傷の可能性は依然有り。

右側の腸骨もずれたまま、骨と骨の間は埋まってます。
IMG_1475
左右対称の箇所ですが、右側は下がった感じになってます。

左側の股関節もずれた状態でくっついてます。
IMG_1477
当初、左足はしっかりしてる、との予測でしたが、
骨がくっついて股関節も固まったままになってるのかも。
遊びがなく曲げ伸ばしが困難な状態。

たまたま模型があったので“股関節”撮影してみました( ̄∀ ̄;)
IMG_0034

伸びたままの右足ですが、腸骨の骨折が原因になってるのか、神経障害なのか
判断は難しいようですが、あまりいうことを利かない状態です。
IMG_0028
(伸びてる右足の色が悪いですが、そこは関係ないそうです(^-^;))

バランスが非常にわかりやすい画像
IMG_1479
360度なんで下からの様子も
IMG_1480
…普通に「スゴイねぇ…」

床ずれの心配がある箇所に重心がある様子もよくわかります。
(画面の手垢は気にしないであげて下さい(^-^;))

012802
クロちゃん、頑張りました
012803
心配していた新たな骨折も確認されず、
とりあえず、骨はくっついてた、ということで、当人のケアもしやすくなり、
ひとまず安堵です。

その夜は、さすがにお疲れちゃん
012804
日中まったく休めなかったもんね
012805
クロちゃん、ありがとうね

…CT、ほんまスゴイよなぁ… 先生がむちゃ欲しがってたんわかるわ(  ̄_ ̄)
本人の負担も(恐怖心はあるけど)
手足補綴されるわけじゃないからおススメやで((((((((( ̄∀ ̄;

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

※こちらでホントのおうち探しをしている保護ウサギさん一覧はコチラ

…たくさんの保護ウサギさんたちがご縁待ってます
保護うさ情報はコチラでチェック (o ̄∇ ̄)σ【ウサ達レスキュー】

多くの方に知ってもらうため、保護ウサたちへのチャンスが広がるよう…
ranbana51usaburo1  banner_03

Facebookページではブログの更新情報プラスαを発信しています

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ