うさぎのきた道

~保護ウサギたちのホントのおうち探し~

保護ウサギたちの個性や特徴、日々の暮らしぶりを紹介しています。
★現在、おうち探し中のウサギさんはコチラでご覧いただけます★
ご希望される方は、カテゴリ「譲渡に関して」にて詳細のご確認をお願いします。

カテゴリ: おうち探しのウサギたち

【仮名:シャノンちゃん】
syano0805
※詳細は記事「シャノンちゃん」でご確認ください。


【仮名:かぐらちゃん】
kagu0314
※詳細は記事「かぐらちゃん」でご確認ください。


【仮名:ダイダイくん(ダイちゃん)】
ダイちゃん2
※詳細は記事「ダイダイくん」でご確認ください。 
 

         
         


【仮名:シロップちゃん(シロちゃん)】
※ホントのおうちへ引っ越しましたありがとうございました※
『ホントのおうち見ぃ~つけたっ♪』(2017.12.29)
シロちゃん2
※詳細は記事「シロップちゃん」でご確認ください。


【仮名:ゆばちゃん】
(こちらは代理窓口になります)
※預かり様宅がホントのおうちとなりましたありがとうございました※
yuba24s
※詳細は記事「ゆばちゃん」でご確認ください。


         
         


【仮名:クロノちゃん(クロちゃん)】
2018年7月27日 うさぎのきた道からお月さまへと旅立ちました。
たくさんの応援ありがとうございました。
クロちゃん2
 ※詳細は記事「クロノちゃん」でご確認ください。

(情報更新2018.9)
仮名:シャノンちゃん

IMG_1695

生まれ変わった日:2018年8月
推定年齢:当時で1歳~3歳(あくまで推定です)
健康状態:
・体重 1.8kg(保護当時1.48kg)
・メス ・不妊手術済
・健康状態
  特に問題はありません。
  
特徴:部屋んぽでは目が離せないほど元気いっぱい走り飛びまわります。
   ナデナデも人も好きでとても懐っこいです。
   ペットシーツやクッションフロアマット等、何でも齧る傾向にあります。
   暑さは特に苦手です。夏場の室温管理にはご注意下さい。
   抱っこ等好きではありませんが極端に暴れるタイプではありません。
   毛色はブルーで、やや長毛よりです。

   好き嫌いはほとんど無く、牧草は1番刈りメインで与えています。
   ケージ内でのトイレ使用率(尿)は、本人のする場所に設置でほぼ完璧です。
   部屋んぽでもトイレか牧草カゴで排尿、糞はいずれも自然排便です。
   給水ボトル使えます。水分摂取量はやや少なめです。

※最新の情報はカテゴリ・シャノンちゃんにてご確認できます※


経緯:大阪北部の郊外にて遺棄と思われる経緯により保護。(警察届出済)


シャノンちゃんの暮らしぶりはブログ記事にて更新しています。
シャノンちゃんの動画集はコチラ「うさぎのきた道」(YouTube)でご覧いただけます。
IMG_0888

元気いっぱいおてんばシャノンちゃんに良きご縁が訪れますように
※お問い合わせはコチラから※

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

※こちらでホントのおうち探しをしている保護ウサギさん一覧はコチラ

…たくさんの保護ウサギさんたちがご縁待ってます
【だるまうさぎレスキュー・別館】も覗いてみて下さいね

Facebookページではブログの更新情報プラスαを発信しています

(情報更新2018.8)
仮名:かぐらちゃん

kagu0316

生まれ変わった日:2018年3月
推定年齢:当時で3歳~5歳(あくまで推定です)
健康状態:
・体重 1.9kg
・メス ・不妊手術済
・健康状態
  ○切歯不正咬合(定期的な通院が必要です)
  ○臼歯(左側で咀嚼しずらい状態です)
  ○左涙目(歯に起因するものと思われます)
  ○膀胱結石(摘出手術を受けました:下記参照)
  (保護時初診の様子はコチラ

特徴:怖がりさんでブブブっとよくしゃべります。
   ご飯やおやつを投入する際、勢い余って手と口が出ることがあります。
   ガウっとなってしまうだけで、噛みつくわけではありません。
   ナデナデが大好きで、すぐ寄って来ます。とても懐っこいです。
   抱っこ等好きではありませんが比較的扱い易いウサギさんです。

   ペレットには好みがあるようです。
   生の野菜、おやつは喜んで食べます。牧草は少量しか食べません。
   ケージ内でのトイレ使用率(尿)は、本人のする場所に設置でほぼ完璧です。
   部屋んぽでは牧草カゴで排尿することが多いです。糞は共に自然排便。
   給水は器式メインです。(切歯が伸びるとボトルで飲み辛くなるため)


   ※2018年4月 膀胱結石の外科手術を受けました。(記事はコチラ
   ※2018年5月末 膀胱結石の再発が確認され、6月末自力排泄できました。
    以降、その際、与えていた民間療法であるウラジロガシ茶を
    日々ペレットに染み込ませて与えおり、再発には至っておりません。
    (結石は非常に再発しやすい病気です。(老齢性除く?)
     できやすい体質だとして改善を目指すべくウラジロガシ茶の投与は
     引き続きお願いいたします。関連記事はコチラ
   
   不正咬合に関して:
    切歯は定期的(3週間)に処置(通院)が必要です。
    臼歯(奥歯)に関して、左側は全体的に色が悪く良い状態ではありませんが、
    定期的な処置が必要なレベルではありません。
    初診時にグラつきがあったことから抜歯を想定し、
    CT検査を行いましたが、CTの再検査をする必要もありません。
    (関連記事「かぐらちゃんの歯の状態。」

※最新の情報はカテゴリ・かぐらちゃんにてご確認できます※


経緯:所有者の他界および高齢者の施設入所による飼育困難にて。(自治会依頼)


かぐらちゃんの暮らしぶりはブログ記事にて更新しています。
かぐらちゃんの動画集はコチラ「うさぎのきた道」(YouTube)でご覧いただけます。
kagu000

人間大好きっ懐っこいかぐらちゃんに良きご縁が訪れますように
※お問い合わせはコチラから※

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

※こちらでホントのおうち探しをしている保護ウサギさん一覧はコチラ

…たくさんの保護ウサギさんたちがご縁待ってます
【だるまうさぎレスキュー・別館】も覗いてみて下さいね

Facebookページではブログの更新情報プラスαを発信しています

(情報更新2018.6)
仮名:ダイダイくん(ダイちゃん)

ダイちゃん1

生まれ変わった日:2017年1月
推定年齢:当時で2~5歳(あくまで推定です)
健康状態
・体重 約2.0kg
・オス ・去勢手術済
・健康診断 前歯の欠損、右目の涙(歯が原因と思われます)
・レントゲン 特に問題ありません。 ※腸閉塞時に撮影(3月) 
・CT検査 初診の際、病院でひどく暴れてしまったことから
      奥歯の診察を安全に行うため。
     (前歯の状態から奥歯も要診察との判断です。)
      
特徴
 非常に愛嬌があるウサギさんですが最初はやや距離があるタイプです。
 抱っこや触られることが苦手で暴れることがあります。
 移動や病院も苦手で診察には注意が必要です。
 怖がりさんなだけで凶暴性はまったくありません。
 奥歯歯根の状態から、牧草は食べることができないようです。
 ペレットもよく噛まずに飲み込み、腸閉塞を起こす恐れがあるため、
 適度に湿らせて与えています。
 生モノは食べません。おやつ類、ペレット等、かなり偏食傾向にありますが、
 奥歯のことを考え多種多様を与える必要はないかと思います。
 水分の摂取量はかなり少なめです。トイレはほぼ完璧です。
 お目目はブルーアイでチョコカラーです。ストレスに弱い傾向にあります。


 ※2017年1月CT検査、臼歯1か所と切歯の処置。経過観察。
  同年4月、CT検査、前回同等の処置。
  (上記2点関連記事「ダイちゃんの“歯”その3(CT検査)」
  同年9月、再診、前歯カットのみ。奥歯に関しては様子見。
  (関連記事「歯の再診」
 ※以降、2018年4月現在に至るまで歯の処置にて通院はしていません。
  (関連記事「ダイちゃんの歯が…」) 折れやすい質かもしれません…。

 CT検査に関して:
  肉眼での診察が難しかったのでCT検査になりましたが、
  可能であれば、CTの必要はありません。
  ただ、重度の歯根膿瘍を発症した場合は、
  より正確な検査ができることから一般的にも推奨されています。

 ※2017年3月中頃に腸閉塞 内科処置にて改善したため手術には至ってません。
 ※2017年4月中頃発症した眼振の影響で、若干右に傾いてるようですが、
  仕草に見える程度です。(関連記事「ダイちゃんの病歴、その2」
  (飼養に関して適確に対応できてなかったストレスが原因だと思われます。)


 歯根膿瘍に関して:
  ウサギは高齢になると、どんな子でも歯の疾患を発症する確率は上がってきます。
  今まで歯に何のトラブルもなく、牧草もしっかり食べていた、
  それでも、発症するケースは珍しくありません。(実例及び獣医師に確認済)
  日々のストレスを軽減し、免疫力を下げ過ぎないことが予防に繋がります。
  

◆特に、消化器系の病気予防に努めた飼養、環境を心がけて下さい。
 ・運動したい時にしたいだけできる安全なスペース等の提供。
  (広めのケージやケージの出入りが自由な時間を多めにとるなど。)
 ・自身の通常糞(硬糞)をできるだけ食べさせないようケージは、
  網床、スノコなど、糞が落ちるものを使用して下さい。
 ・当面、毛球症サプリメントは商品を指定をさせて頂くかもしれません。
  (ラビットファンクラブのパパイヤボール等)
 ・ブラッシングは必須です。
 ・ウサギの扱いに慣れた方が望ましいと思われます。


経緯:大阪北部の公園にて段ボール箱ごと遺棄されていました。(警察届出済)


ダイちゃんの暮らしぶりはブログ記事にて更新しています。
ダイちゃんの動画集はコチラ「うさぎのきた道」(YouTube)でご覧いただけます。
dai0628

保護当初は適切なダイちゃん対応がわからず色々患わせてしまいましたが、
その頃から比べると、ずいぶん安定した日々を過ごせるようになりました。
ダイちゃんに適した環境での生活を提供できれば、特に難しい対応はなく、
他のウサギさんと同じスタンスでお迎え頂けると思われます。
ダイちゃんの場合、日々の観察や気づきが重要になってきますが、
わかりやすい特徴やサインなど、情報は記事にて上げさせて頂いております。
カテゴリ「ダイダイくん」にてご確認をお願いいたします。


自由奔放!?ダイちゃんに良きご縁が訪れますように
※お問い合わせはコチラから※

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

…たくさんの保護ウサギさんたちがご縁待ってます
【だるまうさぎレスキュー・別館】も覗いてみて下さいね

Facebookページではブログの更新情報プラスαを発信しています

※預かり様宅がホントのおうちとなりましたありがとうございました※

仮名:ゆばちゃん

yuba16s
ゆばちゃんが飼い主様を募集することになった経緯は… (o ̄∇ ̄)σ【里親様募集中!!】

誕生日:不明
年齢:推定6~8歳(2017年現在)
健康状態
・体重 約1.8kg
・メス ・不妊手術済
・健康診断 歯が少し弱いようで定期的な通院が必要になると思われます。
 他、特に問題ありません。

特徴
 お耳が大きく温厚、そして構ってちゃんタイプのウサギさんです。
 給水ボトルやおトイレは使用しません。
 食に偏りがあるようです。生野菜、ペレットをふやかして与えています。
 牧草は食べないようです。なでなで、抱っこokです。
 
 お世話の行き届かない環境で長らく過ごしていたと思われ、
 毛並みの乱れや汚れ、毛が薄くなってる部分もありました。


譲渡に関して
 室内飼育でお願いします。ペット可にお住まいの方。
 家族の一員として愛情と責任をもって最後まできちんとお世話して頂ける方。
 譲渡後も連絡の取れる方。
 医療費の一部負担金として¥10,000ご協力をお願いしております。
 ほか、詳しくはお問い合わせ下さい。
 
 どういった環境、食生活で過ごしてきたのかわからないため、
 手探りな点も多いですが、現状、過去も含めて受け入れ、
 ゆばちゃんに合わせた暮らしを模索して頂けると嬉しいです。


お問い合わせ先
 (こちら代理窓口になります)
 メールアドレス usaginokitamiti★outlook.com (★→@)
 または送信フォーム(クリックして下さい、別ウインドウで立ち上がります)
 どちらの方法でも、必ずこちらのアドレスを受信可能に設定して下さい※
 ※深夜時間の受信が不可の場合も必ず明記して下さい※

 【ペットのおうち】からもお問い合わせ可能です。
 ☆うさぎのきた道☆ 

 ツイッターアカウントをお持ちの方は、世話人様へ直接お問い合わせも可能です。
 日々の様子もご覧になれますよぉ (o ̄∇ ̄)σ かか仕事中(。Ő▽Ő。)ノ゙

 ゆばちゃん、良いご縁がありますよう…よろしくお願いしますっ
情報更新2017.10

※預かり様宅がホントのおうちとなりましたありがとうございました※

※ホントのおうちへ引っ越しましたありがとうございました※
『ホントのおうち見ぃ~つけたっ♪』(2017.12.29)

(情報更新2017.10)
仮名:シロップちゃん(シロちゃん)

シロちゃん1
生まれ変わった日:2017年1月 
推定年齢 :当時で2~3歳(あくまで推定です)
健康状態
・体重 約1.9kg
・メス ・不妊手術済
・健康診断 特に問題ありません。
・レントゲン 特に問題ありません。
・血液検査 特に問題ありません。
・尿検査 特に問題ありません。

特徴
 食べることが大好きです。ペレットは何でも食べます。おやつも大半食べます。
 生モノ(野菜、果物)はほとんど食べません。牧草は何でも食べます。
 ナデナデが大好きで、いつまでも撫でられています。抱っこも少しならOKです。
 他のウサギさんが部屋んぽ中は落ち着かないようなので、
 タオルで見えないように覆っています。トイレはほぼ完璧です。

 ※2017年10月 腕の付け根辺りにハゲをこしらえてしまいました(;´Д`)
  詳しくは記事をご参照下さい。「限度はあります。」


経緯:大阪北部の公園にて段ボール箱ごと遺棄されていました。(警察届出済)


シロちゃんの暮らしぶりはブログ記事にて更新しています。
シロちゃんの動画集はコチラ「うさぎのきた道」(YouTube)でご覧いただけます。
siro0709

おっとりシロちゃんにホントのおうちが見つかりますように
※お問い合わせはコチラから※
※ホントのおうちへ引っ越しましたありがとうございました※
『ホントのおうち見ぃ~つけたっ♪』(2017.12.29)

※2018年7月27日 うさぎのきた道からお月さまへ旅立ちました。
たくさんの応援ありがとうございました。記事はコチラ

(2018.7情報更新)
仮名:クロノちゃん(クロちゃん)

クロちゃん1
生まれ変わった日:2017年1月
推定年齢:当時で3~5歳(あくまで推定です)
健康状態
・体重 約1.7kg
・メス ・不妊手術済
・健康診断 重度のソアホック(両足)、他は特に問題ありません。
・レントゲン
  両足かかとのソアホックの炎症が骨まで侵食し原型を留めていませんが、
  骨折は確認されていません。また、付け根の関節等も問題ありません。
  他は特に問題ありません。
・血液検査 特に問題ありません。
 (※保護当初の健康状態になります。
   最新の情報はブログカテゴリ「クロノちゃん」にてご確認下さい。)

特徴
 非常に懐っこいウサギさんです。ナデナデ、くっつき大好き甘えたさんです。
 他の動物への関心は薄いように感じますが、飼い主への関心は非常にあります。
 飼い主の愛情を独り占めしたいタイプと思われます。

 生モノ(野菜、果物)は食べないこともあります。牧草はよく食べます。
 下半身、特に足元を触られることを至極イヤがります。抱っこも落ち着けません。
 怖がっているだけで凶暴性はありません。落ち着かせて対処可能です。
 布、ペットシーツは齧るので注意が必要です。
 生活環境に関しては記事最後をご参照下さい。


ソアホック※現在ソアホックに関しては対処等必要ありません(2018.3)
 治療等なされず、長期間、後ろ足をかばいながら過ごしていたと思われます。
 2017年1月より治療、手当を行っており改善はみられますが重症化していたので、
 毛が生えそろうには、数年単位、または一生このままかもしれません。
 現在は、適切な環境(湿度を最小限に抑え足の裏を常に乾燥させれる状態がベスト
 …ですが、お留守時間が長いため、取り替え間隔が空き実践できていません。)
 と、定期的な塗布(1日1~2回程度、できない時もあります。)で過ごせています。
 よほどのことが無い限り、通院の必要はありませんが、
 爪切りが困難なため、病院にて、ついでに診察もしてもらっています。
 ※足の裏が傷つかないよう布を使用しますが、齧るので注意が必要です。
 ※保護当初の様子「ソアホック、その1」 「その2」 「その3」 「その4」
 ※現在のケージ環境はコチラの記事に掲載。
  (ケージ環境においては広さ他こちらで実践できていない改善の余地もあります。
   使用品においても同じにして頂く必要はありませんのでご相談下さい。)  
 ※トライアル期間はケージ環境一式すべての貸し出しが可能です。
  (布類に関しては洗い替え用もお貸しいたします。日々の洗濯はお願いします。)


お断り:梅雨から夏にかけては多湿気候のため状態が悪化する可能性が高くなります。
    この時季からのトライアルはお待ち頂く場合がございます。

 ※2017年10月 首元、胸元に大きなハゲを作ってしまいました(;´Д`)
  詳しくは記事をご参照下さい。「…クロちゃんも(。--)ノ」

 ※2017年12月 ケージ内にてお尻を強打し骨折を患いました。
  詳しくはこちらの記事からご覧下さい。「1、発端」


クロちゃんのお世話や様子を見学&体験も受け付けております。
日々のお世話で自信がない、迷われてる方は、お気軽にご相談下さい♪
お問い合わせ


経緯
:大阪北部の公園にて段ボール箱ごと遺棄されていました。(警察届出済)


クロちゃんの暮らしぶり、病状経過はブログにて更新しています。
クロちゃんの動画集はコチラ「うさぎのきた道」(YouTube)でご覧いただけます。
kuro0809

保護当初は重度のソアホック対策がメインでしたが、
2017年12月からは介護のような環境対応になっています。
クロちゃんに限ってはウサギの介護経験のある方が望ましいと思われます。
また、お留守番時間の長くない方で希望させて頂きます。(ご相談下さい。)

現在は、給餌や排泄に関して介助が必要なレベルではありませんが、
お尻周りやグルーミング等のケアは毎日必要です。
当人が暴れるため、耳の掃除は通院の際にしてもらってます。
動きを制限しているため床ずれにも注意が必要です。
※1日1回の投薬は必須になります※
(2018年4月現在、皮膚の確認も兼ねて2週間に1回程度の通院をしています。)

1月28日CT再検査の様子はコチラ
以降の様子は随時ブログへupしています。
カテゴリ「クロノちゃん」でご確認をお願いします。


甘えたクロノちゃんにホントのおうちが見つかりますように
※お問い合わせはコチラから※
※2018年7月27日 うさぎのきた道からお月さまへ旅立ちました。
たくさんの応援ありがとうございました。記事はコチラ

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

…たくさんの保護ウサギさんたちがご縁待ってます
【だるまうさぎレスキュー・別館】も覗いてみて下さいね

Facebookページではブログの更新情報プラスαを発信しています

このページのトップヘ