(情報更新2019.1)
仮名:かぐらちゃん

kagu0316

生まれ変わった日:2018年3月
推定年齢:4歳~5歳
健康状態:
・体重 約1.65kg
・メス ・不妊手術済
・その他
 ○ 切歯不正咬合(定期的な通院が必要です)
 ○ 臼歯(左側では咀嚼できません)
  ※2018年12月抜歯(抜歯手術の記事は作成中です)
 ○ 左目の涙(歯に起因するものと思われます)
 ○ 膀胱結石(摘出手術を受けました:下記参照)
  (保護時初診の様子はコチラ

特徴:怖がりさんでブブブっとよくしゃべります。
   ご飯やおやつを投入する際、勢い余って手と口が出ることがあります。
   ガウっとなってしまうだけで、噛みつくわけではありません。
   ナデナデが大好きで、すぐ寄って来ます。とても懐っこく甘えたさんです。
   抱っこ等好きではありませんが比較的扱い易いウサギさんです。

   ペレットほか生野菜、おやつなど何でも食べます。食べるの大好きです。
   右側でしか咀嚼できないので食べきるのに少し時間がかかります。
   牧草はやや短めにカットして与える方が食べやすいようです。
   ケージ内でのトイレ使用率(尿)は、本人のする場所に設置でほぼ完璧です。
   部屋んぽでは牧草カゴで排尿することが多いです。糞は共に自然排便。
   給水は器式メインです。(切歯が伸びるとボトルで飲み辛くなるため)


   ※2018年4月 膀胱結石の外科手術を受けました。(記事はコチラ
   ※2018年5月末 膀胱結石の再発が確認され、6月末自力排泄できました。
    以降、その際、与えていた民間療法であるウラジロガシ茶を
    日々ペレットに染み込ませて与えおり、再発には至っておりません。
    (結石は非常に再発しやすい病気です。(老齢性除く?)
     できやすい体質だとして改善を目指すべくウラジロガシ茶の投与は
     引き続きお願いいたします。関連記事はコチラ
   
   不正咬合に関して:
    切歯は定期的(3週間)に処置(通院)が必要です。
    臼歯(奥歯)に関して、左側は全体的に色が悪いので、
    通院時に合わせて診察して頂いてます。※2018年12月抜歯済
    ※初診時、左側臼歯にグラつきがあったことから抜歯を想定し、
    CT検査を行いました。(関連記事「かぐらちゃんの歯の状態。」

※歯や健康面含む最新の情報はカテゴリ・かぐらちゃんにてご確認下さい※


経緯:所有者の他界および高齢者の施設入所による飼育困難にて。(自治会依頼)


かぐらちゃんの暮らしぶりはブログ記事にて更新しています。
かぐらちゃんの動画集はコチラ「うさぎのきた道」(YouTube)でご覧いただけます。
kagu0826
人間大好きっ懐っこいかぐらちゃんに良きご縁が訪れますように
※お問い合わせはコチラから※

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

※こちらでホントのおうち探しをしている保護ウサギさん一覧はコチラ

…たくさんの保護ウサギさんたちがご縁待ってます
【だるまうさぎレスキュー・別館】も覗いてみて下さいね

Facebookページではブログの更新情報プラスαを発信しています