仮名:ダイダイくん(ダイちゃん)

ダイちゃん1

生まれ変わった日:2017年1月
推定年齢:当時で2~5歳(あくまで推定です)
健康状態
・体重 約1.85kg
・オス ・去勢手術済
・健康診断 前歯の欠損、右目の涙(歯が原因と思われます)
・CT検査 歯に関して定期的な診察が必要です。 ※タグ「歯」
・レントゲン 特に問題ありません。 ※腸閉塞時に撮影 

特徴
 非常に愛嬌があり懐っこく、人のことが大好きです。
 病院や移動は苦手で診察が困難な場合がありますが、怖がりさんなだけです。
 奥歯歯根の状態から、牧草は食べることができないようです。
 (痛くて?磨り潰せないとの予想)
 ペレットもそのままだと、よく噛まずに飲み込む恐れがあります。
 (そのまま飲みこみ腸閉塞を起こす危険があるため適度に湿らせます。)
 生モノは食べません。おやつ類、ペレット等、かなり偏食傾向にありますが、
 奥歯のことを考え多種多様を与える必要はないかと思います。
 水分の摂取量は少なめです。トイレはほぼ完璧です。
 お目目はブルーアイでチョコカラーです。


 ※2017年1月CT検査、臼歯1か所と切歯の処置。経過観察。
  同年4月CT検査、前回同等の処置。次回は9月を予定しています。
  (肉眼での診察が難しかったのでCTになりましたが、
   可能であれば、必ずしもCT検査でなくても良いかと思います。
   ただ、歯根膿瘍を発症した場合はより正確な検査ができるので推奨します。)
 ※2017年3月中頃に腸閉塞 内科処置にて改善したため手術には至ってません。
 ※2017年4月中頃発症した眼振の影響で、若干右に傾いてるようですが、
  仕草に見える程度です。(下方タグ「エンセ」にて記事詳細)
  (飼育に関して適確に対応できてなかったストレスが原因だと思われます。)


消化器系の問題(腸閉塞など)を回避し、
平和に暮らせるような飼育環境を下記提案しています。
 ・運動したい時にしたいだけできるスペース等の提供。
 ・自身の通常糞(硬糞)を食べないよう網床等の使用。
 ・当面、毛球症サプリメントは商品を指定をさせて頂くかもしれません。
 ・ブラッシングは必須になります。 ※タグ「ダイちゃんとの暮らし方」


経緯:大阪北摂地方の公園にて段ボール箱ごと遺棄されていました。(警察届出済)


ダイちゃん歯、病歴、健康面および住食生活に関する情報はタグをご参照下さい。
日々の暮らしぶりは、ブログ記事にて更新してまいりますので合わせてご覧下さい。
カテゴリ「ダイダイくん」  YouTube動画「うさぎのきた道」
情報更新2017.6