(2017.10情報更新)
仮名:クロノちゃん(クロちゃん)

クロちゃん1
生まれ変わった日:2017年1月
推定年齢:当時で3~5歳(あくまで推定です)
健康状態
・体重 約1.7kg
・メス ・不妊手術済
・健康診断 重度のソアホック(両足)、他は特に問題ありません。
・レントゲン
  両足かかとのソアホックの炎症が骨まで侵食し原型を留めていませんが、
  骨折は確認されていません。また、付け根の関節等も問題ありません。
  他は特に問題ありません。
・血液検査 特に問題ありません。

特徴
 非常に懐っこいウサギさんです。ナデナデ、くっつき大好き甘えたさんです。
 他の動物への関心は薄いように感じますが、飼い主への関心は非常にあります。
 飼い主の愛情を独り占めしたいタイプと思われます。

 ペレットには好みがあるようです。生モノは食べません。牧草はよく食べます。
 一般的な環境下ではないため、トイレは設置していません。
 体つきや動作に特徴はありますが、普段の生活において支障はありません。
 特に、手助けが必要な事もありません。耳も上手に掻けますよ。

 下半身、特に足元を触られることを至極イヤがります。抱っこも落ち着けません。
 体を掴む際、ブッブブッブと言って逃げまどうこともありますが、
 怖がっているだけで凶暴性はありません。落ち着かせて対処可能です。


ソアホック: 
 治療等なされず、長期間、後ろ足をかばいながら過ごしていたと思われます。
 2017年1月より治療、手当を行っており改善はみられますが重症化していたので、
 毛が生えそろうには、数年単位、または一生このままかもしれません。
 現在は、適切な環境(湿度を最小限に抑え足の裏を常に乾燥させれる状態がベスト
 …ですが、お留守時間が長いため、取り替え間隔が空き実践できていません。)
 と、定期的な塗布(1日1~2回程度、できない時もあります。)で過ごせています。
 よほどのことが無い限り、通院の必要はありませんが、
 爪切りが困難なため、病院にて、ついでに診察もしてもらっています。
 ※足の裏が傷つかないよう布を使用しますが、齧るので注意が必要です。
 ※保護当初の様子「ソアホック、その1」 「その2」 「その3」 「その4」
 ※現在のケージ環境はコチラの記事に掲載。
  (ケージ環境においては広さ他こちらで実践できていない改善の余地もあります。
   使用品においても同じにして頂く必要はありませんのでご相談下さい。)  
 ※トライアル期間はケージ環境一式すべての貸し出しが可能です。
  (布類に関しては洗い替え用もお貸しいたします。日々の洗濯はお願いします。)

お断り:梅雨から夏にかけては多湿気候のため悪化する可能性が高くなります。
    この時季からのトライアルはお待ち頂く場合がございます。

経緯:大阪北摂地方の公園にて段ボール箱ごと遺棄されていました。(警察届出済)

クロちゃんのお世話や塗布の様子を見学&体験も受け付けております。
日々のお世話で自信がない、迷われてる方は、お気軽にご相談下さい♪
お問い合わせ

クロちゃんの暮らしぶり、ソアホックの経過はブログにて更新しています。
クロちゃんの動画はコチラ「うさぎのきた道」(YouTube)
kuro0809

ソアホックは重症化すると完治が非常に難しい病気です。
毛が生えそろうことを目標とせず、現状維持を心がけ気長にお付き合い下さい。
“痛い”の仕草は見てすぐにわかるので、気づきが遅れることは少ないです。
また、すぐに気付けるので、悪化に関してもすぐに対処が可能です。
「悪化したらどうしよう…」という不安や心配は、私においても同じです。

過去の失敗を踏まえ、注意点などは多くなりますが、
健康体のウサギさんと同じスタンスでお迎えしていただけるよう、
引き継がせて頂き、また、アフターフォローも万全ですのでご安心ください。
(というか…私とて自信があるわけではありません、
 心配事は共有いたします、ぐらいの感じで…( ̄∀ ̄;))

甘えたクロノちゃんにホントのおうちが見つかりますように
※お問い合わせはコチラから※